原因について

まつ毛が長くてうらやましい

目の下にクマができてしまう原因のひとつに、皮膚のたるみがあります。
皮膚の下には皮下脂肪があるのですが、これは柔らかいゼリー状をしています。
皮膚に十分な厚みや弾力があれば、皮下脂肪は皮膚に押さえられることで形をしっかり維持することができるのですが、皮膚がたるんでしまうと、形が崩れます。
しかも重力によって、下方向に崩れていくのです。
下まぶたの皮下脂肪が垂れると、その膨らみによって目の下に影ができてしまうのですが、これがクマの正体なのです。
したがって目の下のクマをなくすには、皮膚のたるみを改善して丈夫な状態にすることや、下まぶたの皮下脂肪を減らすことが必要と言えます。
皮下脂肪が垂れ下がらないような状態にすれば、影によるクマができることはありません。

目元の皮膚のたるみを改善するには、美容成分の補充や肌細胞の活性化が有効です。
また、皮下脂肪を減らすには、脂肪燃焼を促進するマッサージが有効です。
そしてこれらはいずれも、エステサロンのフェイシャルエステでおこなわれています。
具体的には、ターンオーバーを促す光の照射や、美容成分が配合されたトリートメント剤を使用したマッサージがおこなわれるのです。
さらに美容外科では、目元への美容成分の注射や、レーザーによる皮下脂肪の蒸散などがおこなわれています。
美容成分が直接注入されますし、皮下脂肪が物理的に除去されるので、エステサロンでのフェイシャルエステ以上の効果が期待できます。
目の下のクマをなくすために、こういった施術を受けている人は多いです。